読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリズム日和り

人と繋がりたい。双極性障害、パニック障害者がミニマリズムに出会い生きやすくなり、新しい日々を正直に生きるブログ。

ミニマリスト男子の僕は1日3食メシを食う!

ミニマリズムという価値観に出逢ってから僕は様々な人のブログや書籍を読むようになりました。精神疾患で社会から勝手に弾かれたと思っていたときに舞い降りたミニマリズム

 f:id:busamote:20170518155649j:image

今ご飯が食べられる事に感謝しています。なので1日1食を提唱されているミニマリストの方とは少し考え方が違うのかもしれません。

 

食事を摂る事は、人間にとってとてもとても大切なのです。病気になったとき、ベッドから一歩も動けなかったときがあります。(比喩的な表現ではなく事実です。)

 

あの頃、ご飯すら食べられなかったので余計に食べる事が出来る嬉しさを感じられるようになったのかもしれません。

食事は、ひとりで食べるよりもその味や雰囲気や会話を大切な【誰か】と共有する時間であると考えます。

もちろん、毎食【誰か】と一緒にご飯を食べなければならない事はないのですが、楽しさも悲しさもひとりで抱え込む事はよくないです。

 

僕は、家族がいたから、心許せる友人がご飯に誘ってくれたから今このような考えで食事を摂る事が出来ています。

 

この文章を読んでいる人の中には、家族にも友達にも頼れず、ひとりで引きこもっている人もいるかもしれません。

 

人間不信で対人恐怖を抱え誰も信じられなくなり、眠れない夜を過ごしているあなた。

 

是非、ぼくに連絡を下さい。シャイな人どうかぼくを活用して下さい。物理的に無理だとしても今はネットを通していつでも繋がれます。一緒にご飯を食べましょう。(ぼくはお酒が飲めないのでオレンジジュースで乾杯)

 

話がかなり脱線しました。

 

今回はミニマリストのぼくがなぜ1日3食ご飯を食べているのかを体験談と調べた事を通してお伝えします。

 

ちなみに、あなたは1日3食ご飯を食べていますか?自分のパフォーマンスを最大限発揮するために食事は必要不可欠です。なので、1日1食を提唱している人とは少し考え方が違います。

1日5食でも6食でも良いと思いますが、僕にはやはり3食が合っていました。

 

要するに食事を小分けして摂る事を提唱しています。

 

特に現代人は、忙しい日々を送っている方が多いので、朝食を食べない人がたくさんいます。

僕の周りの小さな統計を取ってみても10人中5人は朝食を摂っていませんでした。これは、忙しそうにしている人ほど朝ごはんを摂っていないという事を示しています。

 

なんだか不思議な気持ちになりました。彼らは、ご飯を摂る時間を削って仕事をするらしいのです。

 

確かに、ご飯を食べた後は体温が上がります。

そのおかげで昼ごはんの後はどうしても眠くなりますよね。学生時代、僕は昼食後の授業中毎回寝ていて先生によく怒られていました。

 

眠くなったら寝れば良いと思うのですがあなたはどう思いますか。

昼寝はを五分もすれば頭がスッキリするような気がするのです。間違ってますかね。

 

それはそうとなぜ昼食を摂ると眠くなるのか?体温が上がるのか?

 

それは、ノルアドレナリンの分泌が高まり、細胞が活発になることで体温上昇が起こるとされています。

 

なんだか僕の説明ではよくわからないかもしれませんでしれません。

 

もっと詳しく勉強していきたいと思います。

 

とにかく言いたいことは、朝ごはんと昼ごはんと夜ごはんを食べた方が痩せやすい身体になるし、筋肉量が維持される!こんな感じです。

 

 

☆起きたらまずはバナナをぶち込め

 

これは、僕の持論なので誰もが当てはまるわけではないのですが、バナナを食べる事はとても良いです。

 

理想的な朝食は、たんぱく質、脂質、炭水化物のバランスが取れた食事ですが、現代人はとても忙しいので中々時間がとれないものです。

 

しかし、習慣化させてしまえば案外苦ではなくなります。ポイントは、曜日ごとにあらかじめメニューを決めておき、バナナを最後にぶち込むコトです。

 

バナナが栄養素が高く腹持ちが良く安い事は日本にいたら誰もが知っていることでしょう。

 

仮にバナナがニガテであれば他のフルーツを摂りましょう。(僕はめんどくさがりなのでみかんかバナナしか食べません。)

 

☆1日1食をやめた方が良い理由

 

食事を摂ることは人間の行動力に繋がります。

僕が病気で寝込んでいたときは、何もやる気が起きませんでした。食事するにもエネルギーを使っている気がしてならなかったのです。

しかし、実際は真逆でごはんを食べなければ動くことすらできない。アクティブに生きるためとまでは言いませんが、外に出るために食事はとても大切です。

 

健康の基本は代謝量の多い状態を保つことなので、ごはんを食べて散歩をしましょう。(こう思えるまで僕はとても時間が掛かりましたので無理は禁物です。)

 

 

冷え性が少しずつ緩和される?

 

筋肉の量が少なくなると基礎体温基礎代謝が下がります。僕は幼少の頃からいつも低体温で

冷え性に悩まされています。冷え性は筋肉がかたくなり、姿勢不良を招きます。

僕は実際、とても姿勢が悪いです。

今後冷え性が緩和されることを願いストレッチや適度な運動をしつつバランスの摂れた食事をしていこうと思います。

筋肉が少ないと、免疫力が下がり風邪をよく引くようになってしまいます。過去の僕は季節が変わるごとに風邪を引いていました。

 

今ならわかります。筋肉をつけることの大切さが。

 

☆健康を維持する為に3食食べる!

 

僕はミニマリズムに出逢ったことで病気の症状と上手く付き合えるようになりました。自分の好きなことをやる、やりたくないことをやらない。その為に1日3食食べて風邪のひきにくい身体を手に入れて、冷え性も改善したいです。

なによりも、双極性障害と上手く付き合っていくことで、朝から晩まで色々と模索しながら生きていきたいです。

 

僕が目指すミニマリストとは

 

・自分らしく生きられるためにどうすれば効率よく動けるか常に考えられる

 

・自分らしく生きられるために無駄なことはしない

 

これをすることで自分を表現していきたいです。あなたにとってのミニマリズムを是非書き出してみてください。