ミニマリズム日和り

人と繋がりたい。双極性障害、パニック障害者がミニマリズムに出会い生きやすくなり、新しい日々を正直に生きるブログ。

痩せやすい身体づくり!日々の生活で健康的な自分になる為に新陳代謝を高めよう!

痩せたい。健康的な身体づくりをしたい。

その為に、どうすれば良いか悩んでいる人はたくさんいますよね。

基礎代謝を上げることさえ出来れば良いのですが基礎代謝ってどうすれば上がるんでしょうか?

f:id:busamote:20170519104815j:image

 

 

簡単に言えば筋トレをする事です。

ただ、人間は不思議な生き物で自分がやりたいこと以外は中々続かない。

 

僕は今、筋トレ&ストレッチのチャレンジしているんですが、最初は苦痛で仕方ありませんでした。

 

そんな過去の自分へ向けて今日は、筋トレをしなくても、普段の生活の中で基礎代謝が上げる方法をまとめてみます。

 

筋トレなし!基礎代謝を上げて健康的な身体で痩せよう!

 

日常生活の中で少し気を付けるだけで基礎代謝を上げる方法を紹介していきます。

 

冷え性で悩んでいる人、日頃筋トレをする時間が取れない人、ダイエットでリバウンドしてしまった人は是非読んでみて下さい。

 

 

☆朝食を必ず摂る

 

仕事に忙しい現代人は、朝眠くて仕方ありませんよね。僕もサラリーマンの頃は朝できるだけ寝ていたかったです。しかし、朝の時間で代謝を上げることが出来たら?健康的に痩せられる身体づくりが出来たら?どうでしょうか。

朝の時間帯をいかに効果的に過ごすことができるかで代謝量が変わります。

 

 

★起きたらまず朝の光を浴びる!

 

必ずカーテンを開けて太陽の光を浴びましょう。太陽は体内時計をリセットさせる効果があります。これは、精神疾患になったからこそ言える事ですが、太陽の光を浴びないと身体がとてもだるくなります。不規則な生活を送っていると体内時計は異常をきたし、代謝が悪くなってしまう。なので、必ずカーテンを開けて太陽を浴びましょう。

 

★朝食は起きてから45分以内に食べる

 

毎朝同じ時間に必ず朝食を摂るようにしましょう。朝ごはんを食べないと太りやすい体質になります。朝ごはんを摂らないと体は、今ある筋肉からエネルギーを捻出しようとしてしまい、筋肉を壊してしまうので結果、代謝が悪くなるからです。

 

だから、どれだけ忙しくても必ず朝食はとらなければなりません。朝食を摂らないほうが身体の調子が良いと言われる人も居ますが僕は反対です。朝食を抜くことは、筋肉も脂肪も少ないからだを作り上げてしまうからです。そして代謝が悪くなる。

 

朝食なしで、筋トレもせずにずーっと生活を送っていれば太ることはないかもしれませんが、少し食べただけでも体重がすぐに増えてしまったり、冷え性が全く改善されない身体になってしまいます。

 

なので、朝食を食べる事を強くオススメします。

 

 

★朝食にはタンパク質と炭水化物!

 

しかし、ただ単にパンとコーヒーだけ食べていれば良いわけではありません。

朝食にはタンパク質と炭水化物を必ず取り入れてください。

 

僕の場合は、フルグラとバナナを毎日たべます。面倒くさがりの僕にとってフルグラとバナナは最強です。牛乳をかけてたべるのでもちろんタンパク質と炭水化物を摂取する事ができます。

 

僕は低体温で代謝が悪い人間でしたのでこれに救われています。あるデータでは体温が1度も上がる事があるとされていて、やはりタンパク質と炭水化物は代謝を高めるためには最強の武器であることが伺えます。

 

☆エレベーター、エスカレーターを使わない

 

これが出来れば、正直筋トレ必要ありません。

ただし、毎回毎回時間があるわけではないですから、緊急時以外はなるべく使わない事を心がけましょう。そうすることで、早め早めの行動が出来るようになるので結果、時間に追われる生活に少し余裕が出てくるのです。

 

日常生活の中で、早歩きをしたり、少し大股で歩いてみる事を意識しましょう。体を使う事を意識するだけで良いのです。筋トレしよう!運動しなきゃ!と思って時間をわざわざ作ってやるのがニガテな人にとっては、とても効率的です。朝の時間帯にすることがポイントで、夜は勝手に基礎代謝量は下がっていくので無理に歩かず、エレベーター使ってください。

 

代謝量を上げるには夜より朝動くことをオススメします。

 

僕もまだまだ、冷え性ですし基礎代謝量が高まっているわけではないのでこのブログを通してどんどん健康的なカラダに近づけていこうと思います。

 

僕は、ストレッチと筋トレをはじめましたのでまた別記事にアップしていきます。