ミニマリズム日和り

人と繋がりたい。双極性障害、パニック障害者がミニマリズムに出会い生きやすくなり、新しい日々を正直に生きるブログ。

初心者ミニマリスト必見!ミニマリスト的な生活に自然となってた節約家のシンプル思考3選!

 

こんにちは。ミニマリストFu_J(@actple00)
と申します。

ミニマリストになって2ヶ月くらいが経とうとしています。沢山の方々がミニマリストという考え方を知り、自分の本当に生きたい人生を送っていけば、笑顔溢れる毎日が訪れると思っています。
ブログも開始して1ヶ月経ちますので改めてミニマリストについて書いてみることにします。今回はお金について記載していきます。

f:id:busamote:20170522111418j:image

 

ミニマリストの定義とは?

 

ミニマリストについて調べていた当初ぼくは、ミニマリスト=最小限主義者といった意味で解釈していました。


ぼくは、ある詐欺に遭い精神疾患を再発してしまい人間不信に陥り、対人恐怖症でお金に対してとてもシビアになっていました。同世代の人間と比べては、自分はダメな人間だと自己否定を繰り返す毎日でココロもカラダもボロボロでした。


しかし、ミニマリズムに出会えたことで必要最低限のもので生きている人がモノが溢れている現世にいると言うことに衝撃を受けたのを覚えています。

 

この考え方が自分に根付けば生きやすくなる。僕はミニマリズムについて学び実践していくようになりました。

 

★生活の危機をきっかけに、考え方がシンプルになった

 

僕は、2014年11月に、当時勤めていた会社を精神疾患で事実上クビになり退職して独立しました。

独立しました、というとポジティブな感じに感じるかもしれませんが、実態はそんなことありません。

会社員を辞める前は、アパレルの企画営業の仕事をしていたのですが、上司の圧倒的なパワハラサービス残業の日々。。カラダが動かなくなり、会社に行けなくなりました。一年の休職後、別部署に配置転換。。このまま働き続けた時のキャリアに先が見えてしまうことに対する不安だんだん大きくなってきました。そしてまたうつ病が再発したのを機に事実上クビになりました。

 

要約すると、不安や疑問を感じたままうつ病に陥った後仕事に行けなくなり、そのままモチベーションが下がって退職した、という流れです。

 

その後、為替投資が上手くいき調子に乗った際に詐欺に遭い病気が再発。病名も双極性障害に変更されました。

 

病気の話は、別で書くとして、僕は収入のあてがないので、とりあえず生活コストを落とさないといけないと考え、この時に生活のあらゆるムダを削ぎ落としていきます。

 

この時に、モノに対する向き合い方や考え方が一気に変わりました。そうミニマリズムの考え方がスーッと入ってきたのです。

  

 

「生きるために必要かどうか」

  

 

 

たった1つの基準だけで、モノと向き合うようになったので、この時に家にあった不用品を生きるために必要ないと思ったモノは全てヤフオクやメルカリに出品することにしました。

他にも要らないものは、誰かにあげるかそれでも残っているものは捨てました。断捨離をすることで何だかココロが穏やかに。

 


不用品を売ることで、当面の生活危機はなんとか脱することができました。

 

そして、不用品を売った経験から、友人や親族、近所の人が不要なモノを代行して売りに出して手数料を貰うこともしていた時期もありました。

 

当時はほんとに収入がなかったので、なるべくお金を使わないような生活をしていました。

 

それは、僕が元々貧乏性だったので全く苦になりませんでした。それよりも飲みたくもないお酒を飲んだり、行きたくもないキャバクラにお金を払うことの方が苦痛で仕方ありませんでした。

 

僕にとってお金とはツールでしかなくて、お金を使う基準は生きるために必要かどうかのみ。


こういった考え方は、ミニマリストに近い感覚だと感じたのです。

 

 

★支出が減らせ!稼ぐことへのプレッシャーから解放されよう

 

ミニマリストという生き方に出会って、すごくしっくりきた僕は、どんどん1ヶ月あたりの生活費が下がっていきました。

収入がなくなってから気付いたのですが、1ヶ月あたりの生活費が安くなればなるほど、必要な稼ぎのハードルも下がっていきます。

 

あなたは、月に20万円必要な生活だったのが、月10万円になったらどうでしょうか。

当たり前ですが、今までだと最低でも月に20万円稼がないと生活が成り立たなかったところ、10万円の稼ぎでOKになります。

 

こうなれば、無理して働かなくてもいいと思えるようになりますので、変なプレッシャーから解放されるのです。

 

ほとんどの人は、どうでも良い事にお金を使いすぎです。見栄を張る為にハイブランドの洋服に身を包み、高級時計を身につけ、外国車でドライブに行く。。。

 

これは極端な例なのですが、なんとなーく世間が良いといっているモノを素晴らしいモノだと勘違いしている人が居るのは事実です。

 

自分の見栄を張り背伸びをする事自体が悪い事だとは決して思いませんが、そんな人ばかりではないのです。

 

僕は、偽りの自分を創り続けることに疲れてしまいました。それが、病気という形で現れた。

今、無理をし過ぎている人は、一度ホントの自分と向き合ってみましょう。

 

ずっとはしんどいかもしれませんが、月に10万円稼げれば生きていける思考を手に入れてしまえば、何度でも人生やり直せます。

 

どこにストレスがかかっているか自分を見直すことにより本当の自分に出会えるのです。

 

 ★モノを買う時、真剣に考える!最重要ポイントは本当に必要かどうか

 

 

いくら必要最小限のモノで生活するにしても、生活に必要なモノを買う時はもちろんあります。

僕にとってがモノを買う時の考え方は、

「将来への投資につながるかどうか」

「愛着を持ってボロボロになるまで使えるか」

「手放す時にありがとうと本気で言えるか」

この3つです!

もともと物欲がありまくり、小学校、中学校と親に欲しいものはほとんど買ってもらっていましたし、自分で稼ぐようになってからは、女の子にモテたいとう不順な動機でファッションにお金を使いまくり、バンドをはじめてギターを買ったり、飲めないお酒を飲んだりとお金を散財していました。

しかし、それが自分を偽り強く見せる為の薄っぺらい行為だとわかった瞬間(病気になってから)

物欲はほとんどないので、基本的に上にあげた3つの考え方でモノを買うようにしています。

その中もで、買うことが投資になるかどうかを重要視しています。

投資になるかどうかの視点は、私自身が元個人投資家であることも影響しているかもしれませんが・・・。

使ったお金以上の効果があるかどうか、自分の健康につながるかどうか、今よりも楽しく生活できるかどうか、家族や友人が笑顔になり彼らの生活がより良くなるにはどうすれば良いか、そういった視点で価値を感じた時に私はお金を使います。

なので、自分が納得できる事であれば、自己責任のもとお金を使えばいいと思います。

節約したぶんを好きな事や自分の好きな人に使う事が僕は幸せです。

好きでもないことにお金を使うよりも、好きなことにお金を使った方が幸福度は高いですよね。

僕自身がミニマリズムに出会ったことによりミニマリストブログを運営していることもあって、ものすごくケチに思われているかもしれませんが、それは必要のないものにお金を使わないという意味です。

必要と感じるモノにはとことんお金を使います。例えば、甥っ子の初節句のお祝いや親族、友人の誕生日は全力で祝いますし、自分がこだわっているロードバイクにはかなりお金を掛けています。僕にとって、ロードバイクは健康的なカラダも作れますし、車の維持費も使わなくて済むので一石二鳥なのです。

車は、レンタカーかカーシェアで必要な時にシェアすれば良い。

 

自分自身が今までお世話になってきた人に対しては、何のためらいもなくお金を使います。

お金が要らないと言う方には、その人が本当に欲しいモノをリサーチして買います。

 それか、自分で創ります。

 

★自分なりにカスタマイズ!オリジナルなミニマリズムを創ろう!  

 

僕は、ミニマリズムに出会ったことで救われたひとりです。この価値観に出会えなかったらぼくは今、この世に居なかったです。

 

ただ、ミニマリストだから幸せということは全くなくて、僕の場合、自分自身の心の声にしたがって行動すること、自分の選択した事に責任を持つこと、なんとなく〇〇することを辞めることミニマリズム思考が身についていっただけでした。

 

自分自身が今後どうありたいのかを真剣に考えると、ミニマリズム思考が身につきます。だからと言ってミニマリストを名乗る必要もありません。

 

ただ、生きていく上で必要最低限のものが分かるようになると、心が軽くなるのは僕の実体験として間違いないところなので、今何かしらの事で悩まれている方やうつ病などの精神疾患で今後どうしたら良いか迷っている方は、今一度自分と本気で向き合ってみて下さい。

 

僕は、今日も今日とてミニマリズムを実践し続けていきます。

 

さぁレッツ節約ライフ!!