ミニマリズム日和り

人と繋がりたい。双極性障害、パニック障害者がミニマリズムに出会い生きやすくなり、新しい日々を正直に生きるブログ。

収入ゼロから生き延びる事ができた節約マインド!お金にシビア?貧乏性をプラスに変えよう!

こんにちは。ミニマリストFu_J(@actple00)です。ツイッターはじめてますので是非フォローして下さい。

 

f:id:busamote:20170523111200j:image
突然ですが、あなたはお金持ちになりたいですか?僕は、なりたいと思った時期があります。お金は人類が生み出した最高のツールですからね。基本的には、あの紙切れで好きなモノや欲しいサービスのほとんどが手に入りますからね。

資本主義社会で生きている限り、少しでも収入があるに越したことはないし、ムダな支出もできる限り減らしていきたいものです。

私自身は、経済的貧乏でお金持ちというわけではありません。会社をクビになりうつ病ニート状態だった独立直後は収入が全くありませんでした。

その後、試行錯誤した結果、当面の生活には困らない程度にまでお金を増やしていきましたが、結局はお金を求めるあまり、詐欺にあってほとんどのお金が、消えて無くなりました。

そして、今またアルバイトをしながら人生をリスタートさせています。ミニマリズムに出会ってからお金<<<時間という価値観にシフトチェンジする事が出来たので今はとても穏やかに毎日を過ごすことが出来ています。

お金を稼いでいると様々な人や企業が欲しくもない商品やサービスをどんどん進めて来ますし、何よりも詐欺に巻き込まれやすいです。

詐欺師たちは、情弱な金持ちからお金を奪う事に長けているので、注意しましょう。見栄を張りたい人は特に注意して下さいね。

自分が必要な金額を毎月稼ぐ事が出来ていればあなたやあなたの家族は生きる事が出来ます。旅行に行きたいなら具体的にどこに幾ら使い遊ぶのかを明確にしましょう。(観光地やお祭りでジュースを買うのは辞めるなど。)

 

 

ミニマリストとして活動をはじめて試行錯誤しながらも気付いたのは、お金持ちになりたいと思って行動をしている人は、小金持ちにはなれますが、大金持ちや時間もちにはなれないということです。僕の旧友には、お金持ちになってもお金を使う時間がない友人もいますし、お金を飲み代や自分を良く見せる為のブランド品、時計などに使う友人もいました。彼らの生き方を見ていて、心の底から笑えている人はいませんでした。いつも他人がライバルで夜のお店でのシャンパン合戦。。そこでストレスを発散すているので、結局残るお金も少ないですし、不節制がたたって病気になったりします。

 

 

 

僕が思う時間持ち、お金持ちの人は、お金の使いドコロを考えてムダ使いしないことの大切さを知っている人だと思います。

普通はお金をかけるところを使わないでできるかどうか。お金と時間を天秤に掛けた時にどっちが自分の今後を明るく照らしてくれるか?そこを真剣に考えられる人が自分の人生を生きられる人です。

時間持ち(お金持ちに)になれるかどうかの分かれ目って、その部分にあるのではないかと思いました。

 

 

 

★今。目の前にある当たり前を疑え

 

僕は、毎月の出費がかなり少ないです。
住居費を除けば月に2万円前後で問題なく過ごすことが出来ます。お金がないのを知っているので友人は、僕に奢ってくれます。その代わりに僕は友人の悩みごとを聞いたり、ファッションコーディネートをしたり、ネイルサロンのコンサルをしたりと自分の出来ることでお返しをしています。

あとは、外食に行くときは、ミステリーショッパーなどの覆面アンケートをして謝礼を頂きますし、本当に食べたいモノや欲しいモノ、面白そうなサービスにしかお金を使わないです。

僕はやった事がありませんが、今はアマゾンの欲しいモノリストで物乞いしたり、クラウドファンディングでお金を集める事だって可能なのです。

お金の価値観はどんどん変化しているような気がします。

一般的に節約というと、安い食材を買って食費を削るイメージがあります。

これはテレビやメディアの影響ですよね。

僕は、そのたぐいの節約術はほとんどしたことがありません。

では、どこで削っているのか??

ミニマリズムに出会ったからこそできている事なのですが、

それは、毎月どこからか出ていってしまうような使途不明金です。

それと、惰性で使ってしまうようなお金。

一般的に普通であれば、使ってしまうようなお金を僕は使わないようにしています。

 

具体的にどういった項目があげられるか。

ミニマリストの僕は…

 

★テレビは必要ない

まずは、一般家庭であればたいていの家にあるだろうテレビ。僕は小さい頃からテレビっ子でしたからテレビのない生活なんて考えられませんでした。ただ、病気になった事によってテレビを観るのが苦痛でたまらなくなり、妹夫婦にあげました。

実家に住んでいるので、リビングにはテレビはありますが僕はほとんど見ていません。


なくてもほんとに問題ありません。

ニュースはネットで見れますし、動画も今やネットで見れてしまいます。地上波テレビもネットで見れてしまうこの時代にテレビは必要ないです。パソコンやスマホがあれば何の問題もない。

僕はテレビがないとダメだと思っていた人間ですが、今思い返すとテレビは娯楽の要素より、自分が要らないモノをついつい買ってしまう無駄なツールだったのです。

リビングに行くとなんとなーくでテレビがついています。どうでも良い情報を垂れ流しながら専門家でもないコメンテーターがあーでもないこーでもないとどうでも良いニュースで自論を展開しています。ホント落ち着かないです。音が気になって疲れてしまいます。

それよりは音楽を聴いたり、自分の好きなラジオを聴いた方が有効な時間を使う事が出来ます。

 

 

★お酒飲まない・タバコ吸わない

僕はお酒を飲む時は友人の結婚式のみ・タバコは全く吸いません。
これは、個人差があるのでストレスを感じるようであれば酒もタバコもやめない方が良いでしょう。しかし、飲みすぎや吸いすぎは明らかに身体に良くないです。これは、タバコや酒に限らず何でもやり過ぎは身体に支障をきたします。長く健康的に生きたいのにタバコを1日一箱吸うってかなり矛盾していますよね。

自分の人生を豊かにしてくれるのであれば、否定はしませんが、僕はタバコの煙がニガテですし、からみ酒をして来る人が嫌いなので基本的にそのような人とは疎遠になります。

これらが影響して仕事に支障が出たらその分収入に影響してくるので、私はこれからも手を出すことはありません。

 

 

★お菓子は基本食べない!太ります!

お菓子やジュースは、自分に必要ではないので買いません。

外に出るときは、水筒にお茶を入れて持っていきます。ただし、夏場どうしても喉が乾くときはペットボトル飲料を買う事はあります。

熱中症にならないための予防はします。熱中症になってしまったらそれこそ、本末転倒ですからね。

お菓子を自分が食べるために買うことはまずないです。
お客様が来たりする時や、プレゼント用に買うことはあっても、自分の為にお菓子を買うことはありません。

身体に良くないモノをたまに食べたくなりますが、そんなときはジャンクフードの代名詞『マクドナルド』へ行きます。

お菓子は美味しいけど、正直食べなくても生きていけます。

糖分は、1日3食のご飯で補う事が出来ますから。1つ1つは小さな金額ですが、チリも積もれば山となる。積み重なると凄い金額になりますからね。1度算出してみてください。

これは僕が生粋の貧乏性だから出来ることかもしれませんが、ミニマリストは選択する事を極力避ける事も必要なので、お菓子が好きな人は例えばチョコレートならこれ!っというイチオシだけを毎回買う事で無駄使いが減ります。

お菓子を買わないことで得している金額、一体どれくらいあるでしょうか。

 

 

★コンビニはマーケティングの罠だらけ。僕はコンビニを使わない

 

これは、お酒やタバコ、お菓子の話と付随しているのですが、今はコンビニがどこにでもあるので、用事がなくてもついつい入ってしまったり、トイレを借りたついでにありがとうという気持ちを込めて何か買う事があると思います。

それを僕は辞めました。トイレを借りた際は、トイレ掃除をしてトイレットペーパーを三角に折って入った時よりもトイレを綺麗にしてからありがとうございましたと言って出るようにしました。

また、誰かと一緒に行動していると、ちょっとコンビニ寄っていいですか?
と言われることがありますね。


ももちろんついていきますが、そこで買い物することはありません。

コンビニはマーケティングの戦場なので様々な仕掛けがあります。新製品を並べていたり、700円以上買うとクジがひけたりと様々な戦略でお金を使わせようとしています。しかもムダなモノをついつい買ってしまう動線が敷かれていて何も知らない人はあれよあれよとお金を使います。

コンビニで売っているものはそもそも高いのです。スーパーと違い在庫を抱えることが出来ないので仕方ないのですが、そもそも沢山買ってくれたら割引きしますよシステムに僕は疑問を感じています。

大量生産、大量消費の時代はとっくに終わっているはずなのに…。

本来のら適正価格がいくらなのかしっかりと見極める必要がありますね。
もし、同じものを買うならスーパーの方が確実に安い今の世の中でコンビニを利用する意味が僕にはわかりません。

僕が、マーケを生業にしていた時期はコンビニ通いをしていましたが、今となっては必要なくなったのでコンビニ通いはなくなりました。

 

 

★美容院代は基本タダ!アプリを使い実験する!

 

美容師の卵が集まるアプリがありそれを利用しています。卵や初心者は、まだまだ技術が乏しいのでその技術の向上をする為に僕の髪を使って貰っています。

タダで散髪出来るアプリについては、別記事で体験レポートを記載しています。

 

★お金を使う判断基準 

今回は、いくつか使わない支出について紹介してきました。

僕がお金を使うかどうかの判断基準はほとんどが「生きていくために必要かどうか」です。

特に大きい支出や、毎月の固定費になりかねない支出ほど、それを意識しています。

生きていくために必要かどうかを基準にするだけで、かなり節約になりますよ。
だって、ほとんど必要ないものばかりという事に気がつきました。

今仮に、節約できないという人は、生活にそもそも困っていないので、その分を自己投資や趣味にじゃんじゃん使ってください。

そして、経済を回してください。


本当に生活が苦しくなった時、に人ははじめて1つ1つの出費に対して生きていくために必要かどうかを考えますから。

その点では、僕は病気になったことにより、自分が生きられるベーシックな収入を、知れてとても良かったです。

 

収入が増えても支出は変わるものでもないので、収入が増えれば増えるほどお金が貯まります。そうすれば自分の趣味や自己投資に使うことも出来ますし、友人や家族の為にプレゼントを買うことが出来ます。

僕は、周りの人が笑っていることに幸せを感じるのでプレゼントをすることが大好きなんです。その人のことを考えて、考えてプレゼントを渡した時に、笑顔溢れる瞬間に勝るモノを今までに体験したことがありません。

あなたも、本当に幸せを感じるモノやサービスにお金を気持ち良く使いましょう。そうする為にも不必要なモノを買わないミニマムライフを実践してみてください。

レッツ節約ライフ!!