読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリズム日和り

人と繋がりたい。双極性障害、パニック障害者がミニマリズムに出会い生きやすくなり、新しい日々を正直に生きるブログ。

男が節約するコトはダサいという世界から抜け出したボク

あなたは節約する男をどう思いますか?

f:id:busamote:20170519144105j:image

ケチくさい!男ならパッと使ってじゃんじゃん稼げ!その童貞思考ダサいんだよ!てめぇのチカラで成り上がれよ!などなど、かなりマイナスな言葉のシャワーが浴びせられます。

 

本音を言わなくてもそう思う人が大半ですよね。しかし、その価値観で生きるコトが辛い人だっている。僕は、稼ぐ能力はないですし、男だから女の子にカッコつけなくてはならないとか、お金をパーッと使ってストレス発散するとかに向いていなかったですから。

 

世の中には、不思議な人間も存在しているんです。生きづらさを発信していると、僕と似たような価値観を持っている方も少なからず居ることがわかりました。

 

もちろん、マイノリティの考え方なので世間一般ではとても浮きやすい生き方なのですが、僕はもう人に見栄を張ったり、女の子と遊んだり、お金を稼ぐことに興味がないのです。

 

お金がなくても楽しく生きている人の存在を知っていますし、僕は金を稼いでも家族にお金を使うくらいで使い方がわからないです。

 

サラリーマンやパートタイマーなどの従業員、会社の経営者などの生き方は僕には出来なかったのです。

 

僕がひとりで生きたい理由は、自分の人生を家族や友達以外の誰かに縛られたくなかったからです。

 

友達の為であれば犯罪以外のことはなんだってやれます。そこには信頼関係があるからだと考えています。「ありがとう」の言葉を貰うだけで僕の心は満たされるのです。友達は、ありがとうの気持ちを込めてプレゼントをくれたり、食事をご馳走してくれたり、僕の好きな空間を提供してくれます。僕は、それがとても嬉しいんです。サラリーマンなどで労働の対価として得るお金や経営者としてお金や人を使って稼ぐスタイルに向いていない自分がいます。

 

向いていないと言うか、嘘をついていることになる。利益の為に売りたくもない商品を売らなければならなかったり、特に好きでもない人の為に時間を使うくらいなら家でゴロゴロしたり、旅をする方が良いです。

 

世間一般のほとんどの方は我慢の対価として収入を得て、家族の為に働いています。

それは、とても立派なことですしカッコ良いとも思いますが、僕には出来ませんでした。

 

脳のエラーによって、普通の人が当たり前に出来ていることが出来ません。だけど、生きなくてはならない。自殺も考えていましたがいまはその症状が治まり、1日1日を生きられるようになりました。

 

そして、今の日本の貨幣経済の仕組みでは、僕は生きづらいのは明らかです。しかし、貨幣経済、資本主義の今を生きなければなりません。

 

そう思った時にまず考えたのが、今の経済の仕組みです。

 

今の経済は、物凄く簡単に言えばとにかく稼いで使って生活していくという考え方です。

たくさん稼げば、大抵のモノは買えるしどんな場所にも行けます。

もちろん生活費もまかなう事が出来ます。

しかし、それを続けていこうとするとその分働いて収入を得ないといけません。

 

 

当然ですが、働くには自分の時間を使います。

 

 

しかし、僕は病気の影響からか

「やりたくないことはしたくない」という思いが強かったので、その思いを貫いて生きるには生活コストを下げるしかなかったのです。

 

 

1ヶ月あたりの生活コストが少なくなれば、その分無理して働かなくていい。こんな考えが市民権を得る事は有り得ないのですが、僕はこっちの方がしっくりくる。

 

だからこそ、ミニマリズムの考え方が少しだけ浸透しているのは嬉しい。

僕の第一歩は「節約」をする事だったのです。

 

本来のミニマリズムはもっと崇高でカッコ良い考えなのですが。。

 

でも、病気になり節約を真っ先にやったからこそ今まで生き延びることができました。

 

今までのように何も考えずお金を使いまくってたら絶対に破産していたし、もっと生きづらさを感じながらサラリーマンをしてたでしょう。

 

 

実はこのブログを書こうと思ったのは、過去の自分のような人間も生きていいんだってことが言いたかったからです。

 

そして、自らのミニマリズムを創り上げていけば少しだけ生きやすくなるかもしれません。

 

ミニマリストを名乗る上で【足るを知る】事は、今後の自分の為にもなるので、これからも自分の節約のやり方を含めて自身のミニマリズムを残していこうと思います。

 

僕はブログを書く時、過去の自分に対して書くことが多いです。精神疾患の人がミニマリズムに出会い人生が楽になれば良いと考えています。

だから、なるべく語尾を荒げる事なく書いていきます。わからない事は、調べてそれでもわからなければ、誰かに頼ります。ひとりでやる事には限界もありますから。

 

そういった意味では友達が欲しいです。もっと友達が欲しい。

 

これからはもっと具体的に節約に関する記事も書いていきます。

 

ダサくても良い。とにかく節約に励みます。レッツ節約ライフ!!