ミニマリズム日和り

人と繋がりたい。双極性障害、パニック障害者がミニマリズムに出会い生きやすくなり、新しい日々を正直に生きるブログ。

うつ病回復期アルバイター必見!交通費は回数券を賢く使おう!

 

いつもご覧いただきありがとうございます。

Fu_J(@actple00)です。

f:id:busamote:20170520082757j:image

うつ病などの精神疾患で退職を余儀なくされて、ようやく外に出られるようになった方へ交通費の節約術を書いていきます。

 

社会復帰のスタートがアルバイトやパートなどのフルタイムではない仕事をされている方もいると思います。

 

僕も例に漏れず、アルバイトが社会復帰の第一歩でした。

都市部に住んでいる方の場合はおそらく通勤に電車を利用しますよね?僕も現在、週1〜2回ポスティングのアルバイトをしているのですが電車を利用しています。

電車に乗れなかった過去の自分から見たらホントに今の身体の状況はありがたいです。

 

当然アルバイト先で交通費が支給されることもあるでしょうが、もらえない場合もあると思います。そんな時に少しでも交通費を浮かせることができれば、それだけ手元にお金が残ります。

今回は、アルバイト・パート向けの交通費節約術を紹介いたします。

 

☆回数券を買おう

 

アルバイトやパートの場合、ほとんどの仕事は同じ場所で働き続けることになると思います。僕の場合も、ポスティング会社の事務所に始業時は向かいます。しかし、毎日行く訳ではないので、定期を買っても完全に損になります。

 

そんな時に便利なのが電車の回数券です。

すごく昔話みたいですが、お金を節約することを考えるとかなりお得になります。

回数券は10枚の金額で、11枚分のチケットが買えるので、1回あたりの交通費を抑えることができるので、浮いた分がそのまま手元に残ります。

これは結構誰でも知っている事だと思うのですが、知人と話していた時知らない人が居たので今記事にしてみました。

 

回数券を手に入れる方法として、チケットショップと駅の券売機の2種類があります。同じ場所に通い続けるのであれば、駅の券売機で買った方が割引率が高いので、そちらをオススメします。

 

また、日限りの派遣仕事みたいに日ごとに勤務地が異なる場合は、チケットショップで切符を買うとその分お得になりますので近くのチケットショップに足を運ぶか、ネットで探してみてください。

 

交通費節約=自分の稼ぎ

 

アルバイト・パートをしている人は、それほど収入が多くないですよね。そんな方にとっては特に交通費を節約することはとても大切です。

病気にかかると医療費もバカになりませんから。

浮かせた分の交通費は、収入と同じです。1回1回の節約額は大したことがなくても積み重ねるとそれなりにインパクトのある金額になってきます。

ここをしっかり意識できるかどうかって、浮かせる金額以上に大切だと思います。

 

僕は満員電車に乗る事は不可能な為、通勤ラッシュ時を必ずさけて電車に乗るようにしています。

 

回復期は、節約しながら少しづつアクセル踏んでいきましょう!

小さな一歩が僕らにとっては大きな一歩!社会復帰はベビーステップ派です。

 

レッツ節約ライフ!