ミニマリズム日和り

人と繋がりたい。双極性障害、パニック障害者がミニマリズムに出会い生きやすくなり、新しい日々を正直に生きるブログ。

魅力的なミニマリストになるために服を纏おう

こんにちは。ミニマリストFu_J(@actple00)です。

f:id:busamote:20170524105838j:image

今回は、元アパレル企画営業マンだった僕が服を断捨離して、オシャレで周りによく見られたい欲がなくなり、シンプルで自分軸をもったファッションを楽しむ方法をお伝えします。

 


そもそもおしゃれとは何か?

 

僕は、学生の頃、童貞を卒業したいが為に洋服を武器に女性のお尻を追いかけていた時期があります。コミュ障なので、勝負できる場所が外見しかなかったのです。しかし、僕はブサイクで身長も165センチと低くモテるなんてことはありませんでした。

ただ、いつも

「オシャレだよねー。」

「あぁアパレルマンっぽいわー。」

「センスあるよね。」

などと煽てられていましたので、それだけが快感で服や小物などのアイテムを買いまくりました。学生時代のアルバイト代は全て服へと消えて行きました。

社会に出てからもアパレルの企画営業をしていたので、ファッションの勉強も兼ねてたくさんの洋服を着てきました。単純に好きだったというよりは、女の子にモテたいという不純な動機でした。

しかし、うつ病を患い社会からはみ出した今となっては洋服を買う機会は減りました。アパレルマンではなくなりましたし、何しろミニマリズムに出会ったからです。

 

そもそも「おしゃれになる」って何なんでしょうか?とても曖昧なこのコトバ。オシャレ初心者の方や洋服に興味ない人からしたら、おしゃれって何なんだよ状態ですよね。しかもオシャレに気取ってる奴は何故だかモテる。おしゃれにもいろんな解釈があって、明確な答えをひとつ提示することはなかなか難しいことです。

だけど、大丈夫です。ミニマリストは「おしゃれ」になる必要がないからです。「センス」のある人間になることが究極のミニマリストなのですから。

 

★オシャレストとミニマリストは真逆の人間?

 

ミニマリストの価値観に出会った僕がただひとついえることは、ミニマリストというのは、おしゃれになる必要がない、ということです。

 

僕の解釈では、世の中には、大きく分けて2種類のオシャレな人がいます。

 

•時と場合によって多くの服を着こなす人

 

歳を重ねれば重ねるほど、大人としての節度が求められてしまいます。結婚披露宴やパーティひとつでも、気心知れた仲間たちとの純粋に楽しむだけの場合と取引先や上司のパーティとでは服装を変える人がほとんどではないでしょうか?僕もずーっとこれを意識して服装に気を使っていました。

 

「時と場合に合わせた服装を楽しめる人が本当のおしゃれな人である。」これは僕がお世話になっていた会社の先輩がよく仰っていた言葉です。ただ、これはマキシマリストの方の思考ですよね。膨大な引き出しがなければ、実現不可能なことが簡単に想像出来ます。

 

多くのモノを所有する、という点でミニマリストには適合しないです。

 

•本当に自分に似合う服のみを着こなす人


その一方で、所有する枚数を制限する分、本当に似合う服だけが手もとに残るミニマリスト

つまり自分にとって、着心地がよく、最も似合う服を着ることが、出来るミニマリストは最大のおしゃれになるわけです。

 

自分に似合う服装を決めることによってトレンドに左右されない確固たる自分軸が出来上がります。

でもこれは、一般的にいうおしゃれではない。最新のファッションに身を包むわけでもないですし、チャレンジすることすらしなくなる。時と場合によって、服装を細やかに変えることができない事もあります。

 

しかし、モノを所有しなければ良いと考えている僕は、借りてしまいます。

今は、本当に便利な世の中でモノや服のレンタルサービスというものが存在します。

ここでは、スタイリストのコーディネートが手に入ります。これが最大のメリットなのですが自分に合うアイテムを把握出来ない方もいらっしゃると思いますのでなかなかハードルは高いかもしれませんね。そんな時は僕があなたに合ったコーディネートしますよ笑

お気軽にお問い合わせください。

https://leeap.jp

 

アイテムを所有する時代から共有する時代になっているのです。

本当に場違いな格好でなければ、僕は何の問題もないと思うので自分に合ったスタイルを探してみて下さい。

服を減らしても、おしゃれは出来ます。

 

 

★減らすということは自分を知ること

 

服を減らせば、スタメンのお気に入り服だけが残ります。それは自分にとって思い出のある服だったり、結局こればっかり着ているなーって服だったりします。それが、何を隠そうあなたらしい服です。

 

つまり、服を減らす過程で、あなたは自分と向き合うことになります。そういえば、この服ははじめてのデートのときに着て行って褒めてもらえたなー。などなど。

 

断捨離することは、必要なものと不必要なものの仕分けなのですが本当に大切なのは、何がどれだけ残るのかを真剣に考える時間です。

 

大抵の場合手放すときに、物語のないものはすぐに捨てられます。例えばセールで安く手に入れたアイテムなどは何となく買っているので捨てやすいですよね。残るものはなにかしら語れる物語があるはずです。

 

★自分と向き合うことの重要性

 

 

僕は自分の顔形、体型、肌色、生活パターンなど真剣に自分と向き合い、自分を知り尽くすことで、本当に自分に似合う物に出逢うことができると考えています。それが第一印象というカタチとなって現れるのです。

本当に自分に似合う物を身につければ、それを定番化できる。私服の制服化ですね。そうすることによって、毎日自信を持って過ごすことができるようになるかもしれません。

 

僕にとって、オシャレで似合ってるが究極の褒め言葉です。なぜなら自分らしい服装ができているってことだから。

そこにはたくさんの笑顔が溢れます。

 

あなたにぴったりなアイテムを最適化することでミニマムになった服や物に囲まれた生活は、それだけでココロ踊る毎日を送れるのではないでしょうか。どれだけ多くのものに溢れても、そこに自分軸がなければあなたの幸せは手に入らないのですから。

 

さぁあなたもレッツミニマムライフ!!